夢のネイリストになるため、ネイルスクールに通うにあたって

夢をかなえるためネイルスクールを選ぶには、まずは行動第一です。資料請求できるところはたくさんありますので、とにかく請求しましょう。体験レッスンを行っているスクールもたくさんあるので、実際に自分の目で確かめるのもいいでしょう。資料請求をした後は、説明会に参加するなどしつつスクールの雰囲気、環境、設備などが整っているかどうか、コースの内容、教材の値段も、チェックしておくことをおすすめします。肝心なのは、ネイルスクールで技術を学ぶだけでなく、就職活動に関してのサポートが充実しているかどうかという部分です。学校自体にどの程度の求人が来ているのかどうかや、今までの卒業生の進路についても確認してみるのが良いでしょう。対応や、料金、授業回数についてや教材の内容などについての説明がはっきりしているかどうか、質問への応対具合が適切かどうかや、強引に勧誘されたりしないかなど、スクール自体の雰囲気も含めて、自分の夢が叶うかどうか納得がいくかどうかで決めるとよいでしょう。

さて、ネイルスクールを経たあと、夢のネイリストとして活躍する場としては、まずはサロンに就職することをオススメします。もちろん、スクールを出た後、自分ですぐに開業する、というような方もいらっしゃるかもしれません。首都圏ならともかく、地方などではなかなか就職先のネイルサロンがまず見つからない、といったこともあるので、それももちろん手段の1つだと思います。しかし、ネイルスクールと検定のなかで身につけたものだけで、1人でサロンでやっていくには少々不安があります。以前に接客経験があるかどうかとか、検定にすぐに合格できたからとか、それだけが全てではありません。やはり学校は学校、サロンワークはサロンワークです。実際、お客様を獲得できるかどうか、またリピートしてもらえるかどうかが重要なわけですから、開業すればそれで終わりではありません。仕事としての技術を身につけること、そして場数をとにかく踏むこと、これはやはりサロン就職した人の強みです。ネイルスクールに通う中で、1つの関門として、検定試験があります。検定試験は必須というわけではありませんが、これもスクールに通う理由と同じく、ネイリストとして今後活躍していくのならば、確実な技術や知識、信頼を身につけなければいけません。

その土台を作る上で、検定試験の合格を目指して努力していく事が、自分の為になります。検定合格という、明確で具体的な目標を持ち、その期日までに最大限の努力をコツコツと続けていくことも夢への近道です。万一合格できなくても、それまでの道のりは無駄ではありません。何度も何度も繰り返して頑張って、もちろんいつか合格すれば、それは自信となりますし、お客様にとっては信頼をおける基準のひとつとなります。努力してきた証明として、多くの資格や検定などがあるので、是非チャレンジしてみて下さい。

Blog Home