ネイルスクールで取得できる資格とは

ネイリストとは、ネイルケアやカラーリング、人口爪作りを行うネイルの専門家のことをいいます。ネイリストが職業として人気が高いのは、おしゃれで、かつクリエイティブなところでしょう。自らのクリエイティビティを発揮しながら顧客のファッションや好みに合わせて独自のネールアートを作り出していくとこが人気の高さといえます。最近ではこうしたネイリストになるためのネイル技能検定が設定されるようになり、ネイルスクールに通いこの検定を受検することで資格がとれるようになっています。これはJNAネイリスト技能検定と呼ばれるもので、日本ネイリスト協会がネイリストのさらなる技術向上と社会貢献を目的として設置した資格制度です。ネイリストになるためには絶対必要な資格ではありませんが、業界でのスキルを確認する上で有効な資格であり、有名サロンなどへの就職を考える際には所得していることが望ましいとされるものです。

受講資格に制限は特に設けられておりません。試験は1級から3級までセットされ、どのレベルも1次テストは筆記、2次テストは実技が実施されます。それぞれ100点満点で80点以上が合格となります。筆記試験では爪や皮膚に関する生理的な知識であるとか、衛生、消毒といった知識について出題されます。3級はネイリストベーシックのマスターで、ネイルケアとカラーリングに関する基本的な技能および知識を有することになります。2級はサロンワークで通用するネイルケアやリペア、チップ&ラップ、アートに関する技術及び知識の習得レベルとなります。さらに1級ではエクステンンションと様々なテクニックを使ったアートなど、トップレベルのネイリストとして必要とされる総合的な技能および知識の習得が求められます。ネイルスクールではこうしたレベルに合わせた内容を資格取得のために講習していますが、ネイルスクールによって様々なコース設定がされていますので、最終的な目標にあわせて最適なネイルスクールを選択することが必要になると思われます。たとえばまずは基本から学びたいという方はそうしたコースを選択すべきですし、検定資格を目指すためのコースを設定しているところもあるため、どのネイルスクール 大阪のどのコースを選択するのが最良かの見極めが必要になってきます。

またスクール終了後にプロのネイリストとして働きたいと思われている場合には、サロンを併設しているネイルスクールを選ぶとか有名ネイリストを多数輩出しているスクールを選ぶといった工夫も必要になるでしょう。あなたの目標にあわせたネイルスクールをみつけることが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*