学資保険には育英年金の商品もある

高校生であれば将来大学進学を考えるでしょう。通常は働いていませんから学費などは親に頼ることになります。学費だけでなく普段の生活に関しても全て親に頼っています。住むところであったり、食事などについてもです。あるとき、その便りにしている親が亡くなったとしたらどうなるかです。将来の大学進学だけでなく、今からの生活に関してもどのようにしたらよいかわからなくなるかもしれません。学資保険の中には育英年金の機能がついたものがあります。一般的には親が亡くなったときはそれ以降の保険料の払込なく保険金を受け取れるようになっています。それを利用して大学進学などができるでしょう。その他に、大学進学までの生活資金を別途給付してくれるのです。働かずに生活することができるので勉強に専念することができます。生活は多少苦しくなりますが、将来は明るいです。

学資保険では祝い金の給付がある

学校に入学した時に親であったり親戚からお祝い金をもらうことがあります。それを使って勉強に使うものなどを購入することもあると思います。親からすると、親戚からもらった場合は逆にその親戚の子供が学校に進学したときにはあげることになるのでしょう。特に得をしたわけではありません。でも子どもとしてはその分お金がもらえて嬉しい気分になります。それで勉強意欲が湧くこともあります。学資保険においては祝い金の設定がされているものがあります。中学入学、高校入学の時に給付が受けられるものです。注意したいのは本当の祝い金ではないことです。本来なら満期保険金でもらえるものを前倒しでもらうだけです。ですからトータルで見ると祝い金をもらわずに満期時にもらったほうが金額は多くなります。それでも事前に祝い金としてもらえると嬉しいものです。親も喜んでいます。

学資保険と定期預金を比較する

保険といった場合、支払った保険料に比較して大きな保険金がもらえるものがある一方、支払った保険料とほとんど変わらない保険金しかもらえないものがあります。生命保険や損害保険などは大きな保険金がもらえることがあります。ただし掛け捨てのこともあり保険金が一切もらえない場合もあります。保険料と保険金が殆ど変わらないのは個人年金などです。払い込んだ金額を大幅に超えることはありません。学資保険は、満期まで払い込んだ場合は個人年金同様に払い込んだ保険料と大きな差はありません。それなら定期預金と比べるとどうかです。今は0金利政策の元かなり低金利になっています。この金利に比べると保険商品はかなりいい利率で運用してもらえそうです。1パーセント以上の利回りは期待できると思います。それなら確実に必要なお金としてこちらに加入してもいいと考えるのです。

学資保険の疑問は保険のプロに相談!基本貯蓄の代わりに資金準備ができるもの。学資保険のあれこれを知りたいならまずは学資保険のおすすめ.Comでメリット・デメリットなど見てください!学資保険の商品は保険会社によって様々です。お子様の小学校や高校・大学入学そして成人を迎える前年の12月と満了時に成長祝金をお受け取り頂けます。10年間(38,864円/講座振替月払)。

Blog Home