小学生家庭学習の必要性

私の子供は来年とうとう小学生になります。小学生になると、やはりこれから宿題なども出ますし、どんどんと知識を付けていって欲しいと思っています。しかし私は現在共働きで働いておりますので、なかなか一緒に勉強をする暇がありません。だからと言って、私は塾に行くことが子供の頃は好きではありませんでした。やはり小学生家庭学習の必要性を考えますと、塾に行くよりは、自宅での学習が一番効率的でありますし、家庭学習の方が安心して取り組めるのではないかと思っています。小学生になったら、私は勉強よりもむしろもっともっと遊んで欲しいと思っています。遊ぶことはやはり社会人になってしまうと出来ないことが多々あります。遊び足りないと言わないように家庭学習も必要ですが、他の色んな課外学習も学んで欲しいと願っていますので、一緒に頑張りたいと思います。

小学生家庭学習について。

小学生家庭学習について書かせていただきますね。私の甥っ子は小学生なのですが、まずは小学校一年の時から小学生家庭学習でまず塾などには行かずに頑張っていましたね。私が暇な時は教えてあげる事もありましたよ。通信教育等の教材も今はいいのがでていますからね。何かわからないことがあった時に教えてあげられる先生になれる人が家庭にいた場合はわざわざ塾やクラムスクールに通わなくてもなんとか低学年までならやっていけるかもしれません。ただ高学年になってきますとやっぱり塾等にいく子が増えてきますね。うちの甥っ子もそうでした。今は凄い進学塾に通って残業しているサラリーマンと一緒位の時間にいつも帰って来ていますね。中学受験を目指していていいところに行きたがっているので、勉強に励んでいるようですね。大変だとは思いますが頑張ってほしい物です。

小学生家庭学習の重要性

今になって考えれば小学生家庭学習は重要であると思います。その理由は一般的に小学生の時分というのは記憶や知能の吸収において優れており物覚えが良いとされています。その間に小学生が勉強することによって知能が発達します。またそのころに覚えた知識は大人になっても覚えていることが多いです。私も小学生のころに漢和辞典を読んだことがありましていまだにその辞典に載っている難しい漢字を覚えています。ですからお子様を塾に行かせている場合には塾任せにせず、自らすすんで家庭で勉強させるようにすることであると思います。それによって知識を蓄えるようになるだけではなく自然とお子様の生活スタイルに勉強することが追加されるようになり、中学生や高校生になっても影響が出ます。なかなかお子様が勉強しないと悩まれている方はすすんで勉強することができるように勉強の面白さを伝えることが大事だと考えます。

Blog Home