ワーキングホリデーとその注意点

ワーキングホリデーとは、別の国に滞在する際に休暇を楽しみつつも、その間の滞在費用を補填するために働く事を認める特別な制度の事をいいます。しかしいくつか注意しなければならない点があります。まず、協定が結ばれている国でなければならないということです。そのため自分が希望している国があっても、協定が結ばれていないために就労ができない場合があります。またそもそものワーキングホリデーの目的が、国際的な視野を持った若者を育成する、ということなので、基本的に30歳までの若者向けの制度となっています。更に国によっては25歳までしかワーホリを受け入れていない所もあるので注意が必要です。また原則として、各国につき一度しかワーキングホリデーの制度を利用する事が出来ません。同じ国に何度もワーホリに行く事はできないので、何度も利用したい場合は自分の年齢によって訪れる国の順番を考える必要があります。

ワーキングホリデーは行ける時に行く

長期休暇なんてなかなか取れないです。もし、まとまった休みが取れたならばワーキングホリデーに行くことをおすすめします。ワーキングホリデーとは十八歳から二十五歳まで、または三十歳までの人が海外で暮らすことをいいます。現地でアルバイトをすることも可能です。学校に通うことも出来ますし、比較的、自由が効きます。国からの援助金が出たり、ローンが組めたりするので、長い休みの時は行ってみましょう。生活費が心配でも現地で働いて稼いでみるのも楽しいです。英語力に自信がなくても、日本人向けのお店で働くなんていう選択肢もあります。語学力も上がりますし、価値観も広がります。行ける時に行かなければ二度と行く機会はないかもしれません。せっかくの休みなので、スキルになることをしてみるのはいかがでしょう。海外での生活で使う語学力もコミュニケーション力もきっと力になります。

ワーキングホリデーとは

ワーキングホリデーとは18歳からと25歳または30歳よ人が海外で暮らすことを指します。ワーキングホリデーのメリットとしては、外国人との交流により日本人にはない価値観を得ることが出来たり、語学力の向上があげられます。日本人は英語が苦手です。義務教育で英語を学習していてもなかなか身につかないです。高校まで卒業していても、普段使用することがほとんどないため、なかなか身につかないです。しかし、いざ英語を使って生活してみると案外、すぐに身に付けることが可能です。ワーキングホリデーは留学と違い、現地で働くことが可能です。現地でのアルバイトはコミュニケーション力や語学力の向上に役立ちます。外国で働くことなど、日本にいるほとんどの人が経験しないことです。若いうちにしか出来ないのでまとまった休みに行ってみてはいかがでしょう。

当社の強みはワーキングホリデーにいきたいと考えた際に、留学エージェントに毎回出向かなくても、ネットから簡単に各社の見積もりができることです。 複数の留学会社さんに一括で見積りの依頼ができます。 ワーホリの魅力は、その国の文化に触れられること。 我々ワーキングホリデーは、たくさんのお客様にご使用して頂き、契約者7万人という輝かしい実績があります。 ワーキングホリデー一括見積が無料です。

Blog Home